静岡県の川勝平太知事と兵庫県の斎藤元彦知事は14日、20日に期限を迎える新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の延長を政府に要請する方針を明らかにした。川勝氏は記者会見で「感染者数は過去に例のない水準で推移している。病床の逼迫(ひっぱく)度合いは高まっている」と危機感を示した。斎藤氏も県内の病床使用率などが「改善状況ではない」と述べた。
 一方、大阪府の吉村洋文知事は14日、府庁内で記者団に、20日が期限の重点措置に関し「解除はできない」と強調。ただ、府として政府に延長の要請は行わないという。変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けた緊急事態宣言の発令要請に関しては現時点では見送る考えを示した。 (C)時事通信社