全日本空輸の社長に4月1日付で就任する井上慎一専務は14日、東京都内で記者会見し、「一日も早い黒字化がミッションだ」と抱負を語った。新型コロナウイルス流行で旅客需要が落ち込む中、井上氏は「グループ各社と相乗効果を発揮し、総力戦で期待に応えていく」と強調した。 (C)時事通信社