新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が国内に少なくとも4種類存在し、それぞれ別の経路で流入した可能性のあることが、国立感染症研究所の分析で15日までに分かった。うち3種類が全国に広がり、感染者急増につながったとみられる。
 感染研は1月17日までに登録された国内2650例の全遺伝情報(ゲノム)を解析した。その結果、現在流行のオミクロン株「BA.1」系統について、昨年12月中旬以降に明らかになったものが少なくとも4種類あり、それぞれ別の経路で海外から入ったとみられることが判明した。
 一つは12月下旬から関西地方で広く検出されたもので、欧州のものに近いが、現在は拡大が見られないという。感染研は「早期探知とクラスター(感染者集団)対策で収束していると考えられる」と指摘した。
 残る3種類のうち、一つは現在主流のもので、米国で多く検出されるのと近いか同じだった。別の一つは九州で確認後、関東などに広がっており、米国や英国で検出される系統に近いか同じだった。最後の一つは関東や東北で感染が広がったもので、欧州やアジアで検出が多いものに近かった。 (C)時事通信社