文部科学省は15日、新型コロナウイルスの感染が確認された幼稚園児と小中高などの児童生徒は1月だけで約9万8000人に上ったと発表した。これまで月別の感染者数が最も多かったのは、「第5波」だった昨年8月の約3万7000人で、2倍以上に増えた。
 感染経路別では、「不明」の割合がすべての学校種で最多となり、幼稚園と小中学校ではこれまで最多だった「家庭内」を上回った。変異株「オミクロン株」の感染急拡大で、感染経路を追い切れなくなった影響とみられる。高校は「学校内」が不明に続いて多く、部活動を通じた感染が目立った。 (C)時事通信社