静岡県立こども病院(静岡市)は16日、乳児急性白血病で入院していた県内の3カ月の乳児に、抗がん剤の種類を誤って投与し、乳児が10カ月後に死亡する医療事故があったと発表した。
 同病院によると、乳児は2020年12月に入院。21年1月、集中治療室で4種類の抗がん剤を投与する処置を行った際、静脈に注射すべき薬剤を、医師が誤って背骨に囲まれた「髄腔」に注射した。
 薬剤の受け渡し時に、医師と看護師が名称を十分に確認していなかったという。他の薬剤を注射しようとして間違いに気付いた。乳児は呼吸困難になり、白血病が進行して21年11月に死亡した。
 記者会見した坂本喜三郎院長は「本当に申し訳なく、心からおわびしたい。二度と起こさないよう全職員一丸となって対応する」と述べた。 (C)時事通信社