国内では16日、新型コロナウイルス感染による死者が新たに230人確認された。過去最多となった前日の236人に次いで多く、2日連続で200人を超えた。
 死者の内訳は大阪府38人、兵庫県24人、東京都21人など。死者数は今月に入って増加ペースが加速し、10日連続で100人を上回っている。全国の重症者は1444人で前日から41人増えた。
 さいたま市は16日、基礎疾患のない10代後半の男子学生が死亡したと発表した。男性は2日から40度前後の発熱があり、3日に陽性が判明。7日に体調が急変し、意識が戻らないまま9日に亡くなった。死因は血管内に血栓が生じるDIC(播種性血管内凝固症候群)という。
 全国で確認された新規感染者は9万904人。東京都1万7331人、大阪府1万2467人、神奈川県7041人の順に多く、青森、岩手、富山、香川各県で過去最多を更新した。
 東京都の新規感染者は前週水曜日と比べ1000人近く減少し、8日連続で前週の同じ曜日を下回った。直近1週間平均は1万5082.9人で前週比83.3%だった。 (C)時事通信社