経済同友会の桜田謙悟代表幹事は16日の定例記者会見で、政府が新型コロナウイルスの「オミクロン株」対策として実施している外国人の原則入国停止措置について、「効果のない水際対策を続けてきてしまったのではないか」と批判した。
 政府は近く、ビジネス関係者や留学生、技能実習生の入国を条件付きで認める方向。しかし、桜田氏は国内の新規感染者の大半がオミクロン株と判明した時点で「(制限緩和の)大きな判断をするべきだった」として、政府の対応の遅さを指摘。さらに、「海外からの入国と医療体制の逼迫(ひっぱく)・崩壊はリンクしない」と述べ、一段の緩和を求めた。 (C)時事通信社