日米欧の先進7カ国(G7)とロシア、中国などで構成する20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が17、18両日、ジャカルタで開かれる。地域によってばらつきがある新型コロナウイルス禍からの経済回復の支援や開発途上国へのワクチン普及策などを議論し、最終日に共同声明を発表する。
 原油価格高騰などを背景に海外でインフレ懸念が高まる中、米欧などで進む金融引き締め方向への政策転換が金融市場に与える影響も話し合う。 (C)時事通信社