岸田文雄首相は17日、新型コロナウイルス対策をめぐり、日本医師会の中川俊男会長ら医療関係者と首相官邸で会談した。「まん延防止等重点措置」の対象区域で、医療機関が宿泊・自宅療養者を電話やオンラインで診察した場合、診療報酬に上乗せする特例加算を1日当たり1人2500円から5000円へ倍増することを明らかにした。感染拡大が続く中、医療機関への支援を充実させる。
 首相はワクチンの3回目接種に関し、「全ての手段をフル稼働し、加速させる」として、高齢者施設への対応強化に向けた協力を要請。また、発熱外来を行う医療機関が一部非公表となっていることを踏まえ、実施機関名の公表も強く求めた。 (C)時事通信社