新型コロナウイルス感染による死者が急増している。2月1~16日に確認された全国の死者は2175人に上り、前月同時期(40人)の約54倍となった。1日当たりの死者数が200人を上回ることもあり、「第5波」までに経験しなかった増加ペースに直面している。
 死者は昨年10月下旬から今年1月中旬にかけては1桁の日も多く、低い水準で推移していた。しかし、2月1日に70人が確認されると、4日は103人に増加し、約8カ月ぶりに100人を超えた。同日以降は6日を除き、いずれも100人を上回り、15日は過去最多の236人となった。
 国立感染症研究所の脇田隆字所長は、オミクロン株の流行に伴う「第6波」のピークは2月上旬に越えたとの見方を示す一方、「遅れて死亡者数のピークが来る」と警鐘を鳴らす。しばらくは死者数が高止まりする恐れがあり、予断を許さない状況だ。
 厚生労働省が2月8日時点でまとめたデータによると、死者1万9410人のうち70代以上が81%を占め、依然として高齢者が多い。30代以下は計124人で、全体の0.6%にとどまる。
 厚労省専門家組織のメンバーは、第6波の死者について「高齢者が増えている。新型コロナが重症化するというよりは、感染したことで持病が悪化したりしている」と指摘。高齢者施設での集団感染などに注意するよう呼び掛けている。 (C)時事通信社