金子恭之総務相は17日、新型コロナウイルス対策をめぐり、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)らとオンラインで意見交換し、ワクチンの3回目接種の加速化に向けて協力を要請した。金子氏は「接種実績を安定的かつ着実に上げていく取り組みが必要だ。より一層の協力をお願いする」と述べた。
 これに対し、平井氏は「全面的に協力したい」と応答。また、変異株「オミクロン株」の流行に伴う「第6波」がピークを越えたとの見方があることについて、「全国の感染状況は決して良くなっているわけではない」との認識を示した。 (C)時事通信社