東京都の小池百合子知事は18日の定例記者会見で、高齢者施設で新型コロナウイルスの感染が相次いでいることを受け、施設内のクラスター(感染者集団)に対応した診療体制を強化すると発表した。特別養護老人ホームや介護老人保健施設に配置されている医師が入所者のコロナ診療に当たる場合、都が協力金を支給。また、施設の依頼に応じて地区医師会の支援チームの医師が往診する。18日から運用を始めた。
 小池氏は「介護と医療の垣根を越えた取り組みを進め、施設に入所する高齢者の安心につなげる」と語った。
 小池氏はまた、オミクロン株の別系統「BA.2」について、「どのような性質があるのかや、これからの状況を注視したい」と述べた。都の解析によると、1月以降に都内でBA.2の市中感染が疑われる事例が2件あった。 (C)時事通信社