厚生労働省は18日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関し、高齢者施設を対象にした実態調査の速報値を公表した。全国約5万1000施設のうち74%が、2月末までに接種が完了する見込みであることが判明した。後藤茂之厚労相は希望する高齢者施設の入所者や職員に対し、2月までに追加接種を終わらせる目標を示していた。
 後藤氏は省内で記者団に「追加接種をさらに推進するため、自治体に取り組みの加速を依頼した」と強調。接種券がなくても受けられることを周知するなどして、接種率向上を目指すとした。 (C)時事通信社