熊本市の大西一史市長は18日、慈恵病院が独自に取り組む「内密出産」で生まれた子どもの戸籍について、職権で作成する意向を示した。病院側が匿名を希望する母親の10代女性の意向を改めて確認した上で、手続きを開始するという。
 この日、大西市長と蓮田健院長らが出生届をめぐって初めて協議。出生日と出生地を報告し、市が職権で戸籍を作成する方針を確認した。今後の子どもへの支援などについても話し合った。
 蓮田院長は協議後、「市長が協力すると言ってくれたので、ありがたく思っている」と話した。 (C)時事通信社