ラグビーのリーグワンは18日、大阪・ヤンマースタジアム長居で20日に開催予定だった1部第6節の大阪―浦安戦の中止を発表した。
 16日に浦安で選手1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、さらにPCR検査を実施したところ、18日に新たに陽性者1人が出た。他の選手の感染や濃厚接触の疑いがあるため、リーグのガイドラインに基づき中止を決めた。
 また、19日に予定されていた第6節のトヨタ―神戸戦(愛知・パロマ瑞穂ラグビー場)、BR東京―東京ベイ戦(東京・駒沢陸上競技場)の2試合も中止が決まった。神戸、BR東京とも選手1人がPCR検査で陽性判定を受けた。 (C)時事通信社