堀内詔子ワクチン担当相は19日の読売テレビの番組で、新型コロナウイルスワクチンの接種券について「3回目(接種)には間に合わないが、デジタル化も検討していく必要がある」と述べた。4回目以降の接種に備え、紙の接種券を電子化することで、自治体による接種券送付などの作業を省力化するのが狙い。 (C)時事通信社