日本バドミントン協会は19日、アジア団体選手権出場のためマレーシアのシャーアラムに派遣していた日本選手団から1人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたことを受け、インドネシアと対戦予定だった女子の準決勝を棄権したと発表した。今後の試合継続が困難と判断した。男子は1次リーグで敗退していた。 (C)時事通信社