後藤茂之厚生労働相は20日のNHK番組で、新型コロナウイルスの「第6波」について「新規感染者数は減少に転じているが、ピーク(を越えた)かは即断できない」と指摘した。その上で、重症者の増加を踏まえ、高齢者施設の入所者を中心にワクチン3回目接種の加速に全力を尽くす考えを強調した。
 高齢者施設への対策をめぐり、後藤氏は「施設での接種は重要で、自治体と協力しながらサポートする」と述べた。政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長も「重点的な対策が必要。重症化リスクが高い人をなるべく早く検査につなげることが求められる」と主張。日本医師会の中川俊男会長は感染拡大防止に向け、医師や看護師が早期に往診に出動できる仕組みの重要性を訴えた。 (C)時事通信社