政府は21日、新型コロナウイルスワクチンの小児接種を可能にするための関係政令・省令を公布、施行した。5~11歳が対象で、今週から各自治体にワクチンを配送する予定。松野博一官房長官は記者会見で「接種準備ができている自治体では、ワクチンが届き次第、3月を待たずに接種を開始してもらう」と説明した。 (C)時事通信社