全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は21日、新型コロナウイルス対策をめぐり、山際大志郎経済再生担当相とオンラインで意見交換した。平井氏は感染状況について「高止まりが続いている。ピークアウトと言われるが、現場では決してそのようには見えないところがある」と指摘し、国民に対策の継続を呼び掛けるよう要請した。
 これに対し山際氏は「同じ思いを持っている。この後、医療への負荷が続くのは見えている。国民にメッセージを出し続けるよう努力したい」と応じた。 (C)時事通信社