日本チェーンストア協会が22日発表した1月の全国スーパー売上高は1兆1091億円だった。既存店ベースで4.0%増で、5カ月連続のプラス。食料品が「巣ごもり消費」で堅調に推移し、新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が発令された前年同月の反動で衣料品も伸びた。 (C)時事通信社