天皇誕生日の23日、62歳を迎えた天皇陛下は、皇居で皇后さまと誕生日の祝賀行事に臨まれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続き規模を縮小し、一般参賀は3年連続で中止となった。
 天皇、皇后両陛下は同日午前、皇居・宮殿で秋篠宮ご夫妻や、三権の長らから祝賀を受けた。岸田文雄首相がお祝いの言葉を述べると、陛下は「深く感謝致します。国民の幸せと国の発展を願うとともに、友好各国の元首のご健勝と国民の幸せを願います」と応じた。
 上皇ご夫妻へのあいさつを見送るほか、招待客と昼食を囲む「宴会の儀」や各国大使らとの「茶会の儀」も行わなかった。 (C)時事通信社