岸田文雄首相は24日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染拡大で懸念される経済活動の再開に関し「感染状況や医療の逼迫(ひっぱく)状況などを見極めながら、専門家の意見も伺いつつ段階的に対応していく」と述べた。自民党の藤川政人氏への答弁。
 首相は感染状況について「オミクロン株の感染拡大ペースは落ち着き始めているが、警戒を緩める状況にはない」と指摘。その上で、一部地域ではまん延防止等重点措置を解除したなどと説明し、「第6波の出口がはっきり見えてくれば、経済社会活動の回復に向けてさらなる取り組みを進める」と強調した。
 ワクチンの3回目接種の遅れについて、立憲民主党の小西洋之氏は「内閣総辞職ものの失政だ」と批判。首相は「科学的知見、各国の動向なども把握した上で、(2回目との)接種間隔の短縮に努めた」と理解を求めた。 (C)時事通信社