日本相撲協会は25日、中村親方(元関脇嘉風)、稲川親方(元小結普天王)、中川親方(元幕内旭里)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)を前に、相撲協会は25日に約570人の協会員を対象としたPCR検査を実施していた。 (C)時事通信社