28日の参院予算委員会で、立憲民主党の田島麻衣子氏は、新型コロナウイルスワクチンの国内接種状況などを英語で発信する首相官邸のホームページ(HP)に、退任から約5カ月の河野太郎前規制改革担当相が接種を呼び掛ける動画が残されたままになっていることを取り上げた。
 河野氏は菅政権でワクチン担当を務めた。動画では、当時の河野氏が「ワクチンは感染収束の切り札だ。一日も早く接種を終える必要がある」などと呼び掛けている。
 予算委で、田島氏は「官邸HPは国の表紙だ」と指摘。河野氏の動画が残っていることについて「おかしくないか。大丈夫なのか」とただした。堀内詔子ワクチン担当相は「不断の改善に努めたい」と応じたが、田島氏は「ワクチン接種が非常に遅れている。こういったところにも甘さが出ているのではないか」と政府の対応を批判した。
 この後、官邸HPからは河野氏の動画が削除された。 (C)時事通信社