【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンをめぐり、コロナ変異株「オミクロン株」の感染拡大期に5~11歳の感染予防効果が12~17歳よりも大きく劣ったことが28日、ニューヨーク州の衛生当局が実施した調査で明らかになった。5~11歳用ワクチンの有効成分量は12歳以上の3分の1で、接種量が影響した可能性もある。
 調査ではファイザーのワクチン接種を2回完了したニューヨーク州の5~11歳と12~17歳について、それぞれ未接種者とデータを比較した。12~17歳の感染予防効果は昨年12月中旬に66%だったが、今年1月下旬には51%に低下。一方、5~11歳は同じ期間の比較で68%から12%に大きく落ち込んだという。 (C)時事通信社