【ビジネスワイヤ】中国伝統医薬の香港リジェンセル・バイオサイエンスは、マレーシア法人のリジェンセル・バイオサイエンス・アジアが実施した新型コロナ治験薬「RGC-COV19」(RGCA-CV01)のEARTH臨床試験について、分析結果を発表した。RGC-COV19は液体処方の経口薬。6日間の試験には、マレーシアまたは米国に居住する37人が参加した。36人で、感覚障害(味覚・臭覚の喪失や低下)と時折の咳(せき)を除くすべての症状が治療期間中に消失した。治療前から感覚障害があった15人についても、治療後に感覚障害が消失ないし改善した。31人は1日の治療後でも一つ以上の症状が解消。有害な副作用や人種・民族・性別・年齢の影響はなかった。症状発現のタイミングやワクチン接種との関係も分析された。分析結果は、まだ論文査読を受けていない。(C)時事通信社