自民党の河野太郎広報本部長は2日、自衛隊が運営する東京・大手町の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場を訪れた。自身の3回目の接種を受けるとともに、ワクチン記録システム(VRS)の入力作業現場を視察した。
 この後、記者団の取材に応じ、「自治体や自衛隊に頑張ってもらい、(接種の)体制は取れている。多くの方に打ってもらい、オミクロン株を抑え込まないといけない」と強調。伸び悩みが指摘される3回目接種の促進を呼び掛けた。 (C)時事通信社