JR東日本は2日、朝のラッシュ時間帯を避ければ割安になる「オフピーク定期券」を来年春に導入することを目指していると明らかにした。新型コロナウイルス対策などを念頭に混雑緩和につなげる狙い。運賃改定には国の認可が必要で、同社は国土交通省に申請後の早期認可を要望した。
 朝のピーク時の通勤定期券を値上げする一方、ラッシュ時を避ければ安くする仕組みを想定している。通学定期券は対象としない。国交省は先月、オフピーク定期券の導入や運賃改定手続きの簡素化などの検討を進めるため、有識者委員会を設置。実現へ議論を始めた。国交省は今年夏までに新たな運賃制度に関する方向性をまとめる。 (C)時事通信社