政府は3日、岸田文雄首相が同日午後7時から首相官邸で記者会見を開くと発表した。新型コロナウイルス対策で31都道府県に適用中のまん延防止等重点措置の一部延長や、水際対策の追加緩和を説明。ウクライナ危機を受けた原油高騰対策などにも触れる見通しだ。
 重点措置について、政府は各自治体の意向を踏まえ、31都道府県の半数超で2週間程度延長する方向で調整している。6日で解除する自治体も2桁に上る。対応が未定だった県のうち、3日には新たに静岡、香川、熊本3県が延長、和歌山、鹿児島両県が解除の方向となった。 (C)時事通信社