日本中央競馬会のクリストフ・ルメール騎手(42)=栗東・フリー=が4日、新型コロナウイルスに感染したことを自身のツイッターで明らかにした。同騎手は2月26日にサウジアラビアで開催されたGIIIの4レースで優勝。帰国後の隔離3日目にコロナ陽性が判明したという。
 中山競馬場で5、6日に予定されていた計8レースは騎乗しない。 (C)時事通信社