川崎市は4日、新型コロナウイルスに感染した10歳未満の未就学男児が死亡したと発表した。厚生労働省によると、1日時点の集計で、10歳未満の死亡が確認されたのは全国で初めて。
 市によると、男児は神奈川県内在住で、生まれつき身体に障害があり自宅で人工呼吸器を着けて生活していた。
 2月8日に発症して病院に搬送され、同9日未明に新型コロナ感染症による肺炎のため死亡した。対象年齢外のためワクチン接種はしていなかった。感染経路は不明だが、同居家族を検査したところ、陽性者がいたという。 (C)時事通信社