塩野義製薬は4日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、2回のワクチン接種完了者への追加接種「ブースター接種」の臨床試験(治験)で、米ファイザー製に劣らない効果と安全性を確認したと発表した。塩野義は承認申請のための準備を進め、5月以降の供給開始を目指す。
 塩野義の手代木功社長は記者会見で、「良い結果だ。さらに開発を進めていきたい」と語った。治験を実施した東京品川病院の新海正晴副院長は「(当初の想定より)非常に効果があると感じている」と述べた。 (C)時事通信社