新潟、長野、福島など13県に適用されていた新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が7日、解除された。飲食店の営業時間短縮やイベントの人数制限が終了。学校の部活動の自粛なども多くの地域で緩和される。
 解除はほかに、三重、和歌山、岡山、広島、高知、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島の各県。新規感染者数が減少し、医療への負荷をコントロールできると判断した。重点措置の適用は1月9日以降、36都道府県に上ったが、これにより半数の18県で終了したことになる。 (C)時事通信社