【ビジネスワイヤ】医療情報技術の米オールスクリプツは、病院および大規模診療所の事業区分の純資産をコンステレーション・ソフトウエアの完全所有子会社のN・ハリス・コンピューター・コーポレーションに売却することで合意に達したと発表した。同事業区分には、Sunrise、Paragon、Allscripts・TouchWorks、Allscripts・Opal、STAR、HealthQuest、dbMotionソリューションが含まれる。買収対価は現金で最大7億ドルであり、取引完了時に支払われる固定価格6億7000万ドルと、完了後2年間の業績に基づく最大3000万ドルの条件付き対価で構成される。第2四半期中の取引完了が予定される。(C)時事通信社