内閣府が8日発表した2月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比0.2ポイント低下の37.7と2カ月連続で悪化した。新型コロナウイルスの感染拡大が引き続き打撃となったほか、先行きについてはロシアのウクライナ侵攻による影響も懸念されている。
 基調判断は「持ち直しに弱さが見られる」に据え置いた。調査期間は2月25~28日。 (C)時事通信社