東京都医師会の尾崎治夫会長は8日の定例記者会見で、3月末までに都民の半数が新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を終える見込みであることを受け、「重症化や感染予防に効果が出てくる。第6波を収束させる大きな武器だ」と述べた。その上で、「(ワクチンの)メーカーにこだわらなければ、十分打てる態勢は整っている」と、早期接種を呼び掛けた。 (C)時事通信社