NECは9日、創薬事業を行う子会社NECオンコイミュニティ(ノルウェー・オスロ)がスイスのバイオ関連企業ヴァクシムからネオアンチゲン個別化がんワクチン事業を買収したと発表した。がん細胞の遺伝子変異で出現するがん抗原「ネオアンチゲン」は個々の患者で異なるため、NECのAI技術を活用し、最適な治療法の提供を目指す。買収額は非公表。 (C)時事通信社