日本医師会の中川俊男会長は9日の記者会見で、ロシアの侵攻を受けているウクライナ国民の医療支援のため、1億円を寄付したと発表した。
 中川氏は、世界医師会による寄付募集に応じることを決め、送金したと説明。「一人でも多くの命が救われることを願ってやまない」と述べた。 (C)時事通信社