東京都は10日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。専門家は、変異株オミクロン株の別系統で感染力がより強いとされる「BA.2」の割合が増加傾向にあると報告。置き換わりが進めば感染再拡大の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。
 都が独自にPCR検査した陽性者の検体のうち「BA.2」疑い例の割合は、2月8~14日の1週間で1.3%だったのに対し、翌週(15~21日)は8.0%、翌々週(22~28日)は12.3%に増加。専門家は会議で「置き換わりに十分警戒する必要があり、発生動向を監視する」と述べた。 (C)時事通信社