京都府は10日、新型コロナウイルスに感染した基礎疾患のない10歳未満の未就学児が死亡したと発表した。厚生労働省の8日時点の集計では、10歳未満の死亡が確認されたのは全国で2例目で、基礎疾患や障害などがない人では初めて。
 府によると、この未就学児は2月下旬に38.8度の発熱があり、検査を受けて陽性が判明した。熱は1日で下がり自宅で療養していたが、家族から「ゼーゼーという症状がある」と保健所に電話があり、連絡の翌日に外来を受診。処方された薬で息遣いは改善されたというが、その後死亡した。死因は不明だという。 (C)時事通信社