千葉県市川市の「道の駅いちかわ」に無人のコンテナ型店舗「いちかわGO」がオープンした。入店から商品選択、決済までを専用のスマートフォンアプリで行う。新型コロナウイルス禍における非接触へのニーズに応えるだけでなく、24時間営業と人件費抑制が可能となった。
 アプリを提供したNTT東日本によると、道の駅での採用は全国初という。利用者は専用アプリを取得し、QRコードの画面をゲートにかざして入店。商品のバーコードをスマホで読み取り、事前登録したクレジットカードで決済する。
 同駅の売れ筋商品や地元の特産品だけでなく、夜間に訪れるドライバー向けにパンなどの軽食も置いている。今後は、アプリで客の属性情報を集めて商品発注を人工知能(AI)で予測し、客の属性に合わせたおすすめ商品などをアプリで案内することも検討している。 (C)時事通信社