トヨタ自動車系の部品大手デンソーは13日、販売や開発を手掛けるドイツの拠点がサイバー攻撃を受け、情報が流出したと明らかにした。データを暗号化し、解除する代わりに金銭の支払いを求める身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」に感染し、犯行声明が出ていることを確認した。ただ、業務に影響は生じていないという。 (C)時事通信社