【香港時事】中国広東省深セン市政府は13日、新型コロナウイルスの感染拡大により、14日から20日までロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表した。中国政府が13日に公表した新たな有症感染者数は1938人で、過去最悪の水準で推移している。
 深セン市では14日以降、不要不急の外出が禁じられ、公共交通機関や企業も通常営業を停止。市当局は全市民のウイルス検査を実施する。
 香港メディアによると、広東省の有症感染例は、山東省や先に都市封鎖に踏み切った長春市のある吉林省に次いで多く、そのほとんどが深セン市に集中している。 (C)時事通信社