岸田文雄首相は14日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス禍を踏まえた今後の感染症対策について、国産ワクチンの開発、生産体制強化に取り組む考えを強調した。首相は「体制確立は危機管理上も極めて重要だ。医療に関わる経済安全保障にもつながる」と述べ、世界トップレベルの研究開発拠点の整備などを進めると説明した。公明党の秋野公造氏への答弁。
 秋野氏は、ロシアが侵攻中のウクライナで原発や核関連施設を攻撃していることを取り上げ、被害を受けた人たちへの医療支援を実施すべきだと主張した。林芳正外相は「唯一の戦争被爆国であり、東京電力福島第1原発事故を経験したわが国にとって大変重要な指摘だ。関係当局と協議を開始したい」と応じた。 (C)時事通信社