新型コロナウイルスの水際対策として政府が設定する入国者数の上限が14日、1日5000人から7000人に引き上げられた。政府は4月から1日1万人に拡大する方向。松野博一官房長官は記者会見で、留学生などを念頭に「段階的に国際的な人の往来を増やしていきたい」と強調した。 (C)時事通信社