【ビジネスワイヤ】人工知能(AI)製薬技術の英エクセンシアは、来月開催の米国がん学会で同社の精密医療プラットフォームと臨床試験データを報告すると発表した。同社の創薬プラットフォームにより、がん治療の新規経路を発見し、医薬品が効きやすい患者を特定できる。学会ではアデノシンA2a拮抗薬、CDK7選択的高活性阻害剤、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害経路の研究について発表する。(C)時事通信社