京都大iPS細胞研究財団(京都市、山中伸弥理事長)は15日、財団で作製し備蓄する臨床用の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を韓国企業に提供したと発表した。臨床用の海外提供は初めて。
 提供相手は、iPS細胞を使った治療法を開発する韓国のベンチャー企業iPSバイオ社。財団によると、提供された細胞はがんや脳卒中、アルツハイマー病などの治療に向けた臨床試験に使われる予定。
 山中理事長は「海外への臨床用iPS細胞ストックの提供は、私たちにとって新たな一歩。今後も進めていきたい」とするコメントを発表した。 (C)時事通信社