【北京時事】中国国家衛生健康委員会疾病予防コントロール局の雷正竜副局長は15日の記者会見で、3月1~14日に、無症状を含め1万5000人超の市中感染者を確認したことを明らかにした。オミクロン株の急拡大により感染者は14日だけで5154人に上ったが、雷氏は「わが国の『機動的ゼロコロナ』は、オミクロン株の流行に対しても有効だ」と述べ、経済活動や市民生活を犠牲にしても感染拡大を抑え込む「ゼロコロナ」政策を堅持する方針を強調した。 (C)時事通信社