新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織の会合が15日開かれた。座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は会合後の記者会見で、「(昨夏の第5波と比べ)感染者数の減少速度が緩やかだ。年度末にかけて増加傾向となる恐れがある」と述べ、今後のリバウンド(感染再拡大)に警戒感を示した。
 脇田氏は、各地で夜間の人出が増えているとして、「人の動きの活発化により、感染者が増える可能性がある」と指摘。再拡大を抑えるため「感染対策の継続や3回目接種をしっかり進めていく必要がある」と強調した。 (C)時事通信社